居抜き物件の魅力

テナント

居抜き物件の最大のメリットは、やはり既存の設備が利用できるため初期コストが抑えられる点です。同業種の場合でしたら初期コストを半分に抑えることも可能です。また少しの内装を変えるだけでしたら工事の期間も短縮出来ますので、開業前の家賃負担も抑えられます。また前の入居者の顧客を取り込めるといったメリットもあります。しかし居抜き物件だからと言って全てがメリットばかりとは限りません。特に居抜き物件の場合は、開業までよりも開業後の方が問題が生じる恐れもありますので、新規に開業する以上に様々な点に注意を払い検討する必要があります。ですが、最近では居抜き物件を取り扱っている不動産会社も多くなってきましたので、目当ての物件も見つけやすくなりましたし、これまでの事例などをもとに色々と相談に乗ってもらえますので、居抜き物件での開業のリスクも抑えることが出来ます。

美容室や飲食店で居抜き物件を利用しての開店が流行っています。もし開店予定のお店の業種やイメージが近ければ、居抜き物件はかなりお得です。しかし居抜き物件でオープンしたお店が全て順調に行っている訳ではありませんので、様々な事例を勘案して注意すべき点を認識しておく必要があります。もし大幅に内装を変えるとなると既存の内装を解体して、さらに新しい内装を作り上げますので新規で店作りをするよりもコストがかかってしまう恐れがありますので、よく検討する必要があります。また飲食店の厨房機器も状態によって今後どのくらい使えるかも考慮しなければなりません。前の入居者の退去理由が店舗のハード面にあった場合だと、同じ理由で苦労することになりますので、そのあたりの事も不動産会社などに確認しておいた方が良いです。